2014年05月21日

炎症のメカニズム

グッドライフ治療院の玉置です。
そろそろ日焼け、虫刺されの季節です。今日はそんな季節にピッタリのお話です。

虫に刺されたり、けがをしたりすると、その部分が腫れて赤くなります。これは、組織に炎症が起こっているのです。また病気になったときも炎症が起こったりします。

炎症は病気のサインですが、身体にとっては組織の損傷を修復するための反応で、身体を防御する働きがあります。

炎症には、発赤、腫れ、疼痛、熱感の4つの特徴があります。

 発赤:血液量が増えるから。
 腫れ:病原体を倒すため白血球が集まるから。
 疼痛:身体に異常があることを教える。
 熱感:修復のために代謝が増すため

しかし炎症が激しすぎたり、炎症を起こす病気の種類によっては炎症を抑えることも必要になります。
仕組みを考えると身体にはあまりよくないことではありませんね。





和歌山市の鍼灸・接骨院(整骨)・美容鍼・耳つぼダイエット・骨盤矯正はグッドライフ治療院まで  


Posted by グッドライフ at 11:43│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。